• めふ

Crown Trick



今日のオヤツ時間は、ちょっと変わったローグライトRPG「Crown Trick (クラウントリック)」の配信をしました。


Crown Trickはターン制のローグライクRPGなので、他のゲームで例えるなら「トルネコのダンジョン」とか「風来のシレン」とかそういう類のジャンルではあるかな?

でも、遊んでみると結構違ってますね。


例えば:

  • 空腹は無い。(空腹があるゲームは苦手なので個人的には嬉しい)

  • 武器種に応じた攻撃範囲がある。また武器種によって貫通の特性とかも違いますね。

  • 地形の効果を使うと攻略が楽になる。

  • 部屋に入ると敵を全滅させるまで出られない。

  • 使い魔を装備することで便利なスキルが使える。

等々…。


うん、全然別ゲーですね。ごめんなさい。ターン制っていうのと死んだら最初からっていう点くらいしか共通点無かったです。


部屋に入ると樽が置いてあったり、床効果があったり、あるいはスイッチで発動させるギミックやトラップがあったり、それらをうまく使うのが楽しいです。 それとこのゲームの特徴的なのは「ブレイク」「ブリンク」っていうアクションですね。


「ブレイク」は、敵のシールド値みたいなもので、攻撃によって減らせて、0に達するとブレイク! 敵がスタン状態になって与えるダメージが増えます。 ブレイク値は隣接してる時や敵がチャージしてる間に攻撃すると、+1減らせるのが戦略的ですね!


「ブリンク」は、割と広い範囲(4x4?)を瞬間移動できる技で、壁や敵やダメージ床をすり抜けたりできるのと、ブリンクの使用ではターンを消費しない(重要)っていう特性があるので、これを使った戦略を考えるが楽しいところです。 もちろん使用回数には制限はあるのですけど、ブレイクを連続で発動させるとブリンクの使用回数が回復したりするのも、また戦略的です!

このくらいの範囲をブリンクで移動できる


ダンジョンの攻略を進めていくと、どんどんアンロックされる要素もあって、次回の攻略がちょっとずつ楽になったりしていくのも楽しいですね!


ただ! 日本語のローカライズがところどころ残念なことになってるのが残念です!

・・・と言っても、ワケが分からんことになってるってことは無くて、キャラクタの口調が突然変わったり、急にカタコトっぽくなったりして、読んでるとクスッってする感じなのでいいんですけどねw ただ、その頻度は多いと思います。ネタとして楽しむ気概が必要かも。



それでは、現場からは以上です。

\('ω')/ おつめふー!

4回の閲覧
  • Black Twitter Icon
  • 黒のYouTubeアイコン

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。