• めふ

Luna : The Shadow Dust (#01)



今夜は手描きアニメ風のグラフィックがめっちゃくちゃエモかわいいポイント&クリック パズルアドベンチャー「Luna : The Shadow Dust」の1回目の配信をしました。


Steam版でリリースされたときに映像を観てひとめぼれして「コンシューマ版出ないかなー」って心待ちにしていたのですが、ようやく今日(2020/10/22)発売されましたね! やった~!


というわけで遊んでみたのですが、雰囲気は想像していた通り抜群によいですね!

タイトルのメニューとか、オプション画面とかで文字が使われておらず、アイコンだけで表現しようとしていたので、もしかして…って思いましたが、やっぱりゲーム中もテキストは一切使われてないっぽいですね。

↑オプション画面もかわいい


さて、肝心のゲーム部分はというと、基本的にポイント&クリックではあるのですが、あたかもステージ制のような感じで結構小さい部屋にキッチリ分かれてました。 他のポイント&クリックタイプのゲームだと、わりと広いエリアを行き来できるが故に、次にどこに行けばいいのか迷ったり、取り損ねたアイテムを延々と探すハメによく陥るのだけど、このゲームはそういう心配はなさそう。


パズルを解くために行動できるエリアが限られてて、アイテムを使うタイプでも無く、アクションを起こせる場所も歩いて近づけばカーソルが出るので、このジャンルの中では比較的やさしめかなって思います。 たま~に釈然としないときもありましたが、観察眼が足りなかっただけかも・・・。


ゲームの合間合間にふんだんにアニメーションが挿入されるので、パズルそのものよりも、ストーリーに比重が置かれてるのかなって感じました。 挿入されるアニメはほんっと可愛かったり、感動的だったりします。


さて、このゲームに問題があるとすれば、パズルの難易度よりも何よりも、コントローラでの操作性。こればっかりは辛いと思いました。Switch版ではこんな感じの操作方法になってます(↓)


左スティックでキャラクタを動かして、干渉できそうなオブジェクトに近づくとこんな感じで候補のカーソルが出るんですけど、半透明が薄すぎてちょっと見づらいですね。

そして、このカーソルのどれをアクティブにするかっていう操作が、ZLボタン+左スティック。。。なぜ。。。

キャラクタが重なってるとカーソルも見えなくなるし…。 慣れてないのと落ち着きがない無いせいかも知れないですが、結構操作ミスが頻発してコントローラでの操作には、ストレスを感じてしまいました。 ゲーム自体の雰囲気はすっごいよいので、操作性ももう少し頑張ってほしかったなー!!


ボリュームとしては3時間くらいのゲームのようなので、おそらく次回の配信でエンディングを迎えられるかなって思います!



それでは、現場からは以上です。

\('ω')/ おつめふー!

11回の閲覧
  • Black Twitter Icon
  • 黒のYouTubeアイコン

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。